久々野の歴史

あけましておめでとうございます
今年はマニアックな記事をどんどん増やしていきたいと思いますのでよろしくお願いします

貴重本「久々野町商店街の歩み」

新年一つ目の記事は時計と全く関係ない、すごくローカルな話

当店所在地の -久々野町の駅前周辺の歴史-でいきたいと思います

昨年、お客様のI様より貴重な本を見せていただく機会がありました
タイトルは「久々野駅前商店街のあゆみ」です

最初のページは昭和六年の久々野駅周辺の地図から始まります

そこから明治35年へとさかのぼり戦前戦後と激動の時代を辿り、昭和50年ころまでの駅前の発展の流れを記してあります
久々野の人にしかわからない話になりますが一部へぇ~となったのを抜粋します
・とちもと酒店は明治44年、栃本呉服店だった
・みかどやは大正時代、馬の金グツ屋だった
・駅前商店街の始まりは見附屋、前田医院、とちもと

へぇ~ですね

町歌と音頭

そんな久々野町ですが1978年、栄えまくっていたのかこんなレコードを作っています
久々野町歌と久々野音頭

聞いてみれば大変懐かしい音楽です
高山市と合併する前までは朝7時に町内放送で流れていたあの曲です
毎朝これで目覚めていました

すごい時代ですね
久々野で店をかまえる以上、こんな時代の久々野を上回る繁栄を築けるよう頑張りたいですね

写真で見る久々野駅前の今昔

久々野のすごくローカルな話に最後までお付き合いいただきありがとうございます

ローカルすぎて知らない方にはとてもわかりにくい内容でしたので最後に
「誰が見てもわかりやすい!写真による久々野駅前ビフォーアフター」を載せたいと思います
できる限りアングルを似せてとってみました

駅前の様子(みかどや側)

19??年

↓2018年

駅前の様子(駅舎側)

1938年

↓2018年

線路、汽車の様子

1968年

↓2018年

久々野駅を背景に

19??年

↓2005年

↓2018年

芝田時計店入り口にて

1984年

↓2018年

 

久々野の歴史 お楽しみ頂けましたでしょうか
どんなところにも歴史ありですね

2018年 どうぞよろしくお願いいたします